ニュース

『ぼくの名前はズッキーニ』日本語吹替版キャスト決定!

『ぼくの名前はズッキーニ』日本語吹替版キャスト決定!

『ぼくの名前はズッキーニ』日本語吹替版キャスト解禁&本ビジュアル解禁!

主人公ズッキーニ役に峯田和伸、友達カミーユ役に麻生久美子、警察官レイモン役にリリー・フランキーが日本語吹替版キャストに決定致しました!

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)など役者としての活躍も目覚ましい峯田和伸が、大人の心に切なくささる本作に胸を打たれ、声優に初挑戦!さらに、ズッキーニの親友カミーユ役には、NHK-BSプレミアムドラマ「奇跡の人」(17)での峯田との共演も記憶に新しい麻生久美子が出演。そして、ズッキーニをフォンテーヌ園へ導く警察官レイモン役には、イラストレーターで俳優のリリー・フランキーが決定!

峯田さんと麻生さんの本作への意気込みコメントも到着致しました。
◆峯田和伸:ズッキーニ役
「世界は取り返しがつかなくって、おっかなくって、連れていかれそうになるけど、ズッキーニといっしょに手をつないで。
観てくれる皆さんといっしょに。みたことない色といっしょに。」

◆麻生久美子:カミーユ役
「カミーユの見せたとても綺麗な涙。なにを想って泣いたのだろうと考えると胸が苦しいけれど、同時に温かい感情も伝わってくる素晴らしいシーンでした。この感情の変化を、独特の世界観を壊さないように丁寧に演じたいと思っています。」

2月10日(土)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

予告編はこちら:https://youtu.be/g9NkpYEKjOc
公式サイト:http://boku-zucchini.jp

ぼくの名前はズッキーニ 予告編解禁!

ぼくの名前はズッキーニ 予告編解禁!

この度、昨年のアヌシー国際アニメーション映画祭で最優秀作品賞と観客賞の2冠を射止め、第89回アカデミー賞では長編アニメーション部門にノミネート、フランスのアカデミー賞であるセザール賞では最優秀長編アニメーション賞とともに、実写映画を押さえて堂々、最優秀脚色賞を受賞した『ぼくの名前はズッキーニ』の予告編が解禁となりました!

さらに、詩人・谷川俊太郎さんから、絶賛コメントが到着!

「すごい!びっくりした!繊細で大胆、実写では出せないリアリティ。」

切なさに“心をわし掴みに”される予告編を是非ご覧くださいませ

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=xoblrvmeHfI&feature=youtu.be

2月10日(土)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー

パーフェクト・レボリューション初日舞台挨拶

パーフェクト・レボリューション初日舞台挨拶

9月29日(金)公開初日を記念して、リリー・フランキー、清野菜名、松本准平監督、企画・原案を務めた熊篠慶彦氏が、東京・TOHOシネマズ新宿での舞台挨拶に登壇致しました!

みなさま、ぜひ劇場にてご覧下さいませ。

劇場情報はコチラ→http://perfect-revolution.jp/theaters/

2018年3月公開『素敵なダイナマイトスキャンダル』キャスト発表!

2018年3月公開『素敵なダイナマイトスキャンダル』キャスト発表!

ダイナマイトで母が爆発心中!?←この実話スキャンダルを抱える

伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長を描く青春グラフィティ

—————————————————————————————–

伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化した『素敵なダイナマイトスキャンダル』。本作の公開が、末井昭氏が70歳を迎えるアニバーサリーイヤーの2018年の3月に決定致しました!

本作の映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の主演として末井青年を演じるのが、日本映画界から愛される俳優・柄本佑。そして、柄本佑演じる末井青年の人生を翻弄する三人の女たちが演じる女優陣が解禁となりました!

若き末井青年をあたたかく支える妻・牧子役には、前田敦子。本作で前田敦子は、物語が展開する時代の変遷にあわせて70年代、80年代のファッションを披露し、包容力のある天然素材な妻を、飄々と演じています。そして、末井青年が恋に恋して、道ならぬ恋をしてしまう愛人・笛子役には、三浦透子。サントリー「なっちゃん」のCMで2代目なっちゃんとしてデビューし、若手実力派女優として注目される三浦が、不思議な魅力を放つ電波な愛人の役に、体当たりで挑んでいます。最後に、ダイナマイトで爆発して、隣の若い男と心中する末井青年のスキャンダルな母・富子役に、尾野真千子。末井氏の人生に最も大きな影響を与えた薄幸な母親を、妖艶にそして儚げに演じています。富子の、女としてまた母としての心のゆらぎを細やかな表情と演技で魅せる難しい役柄に挑んでいます。

来年3月より全国公開!乞うご期待くださいませ。

公式HP:http://dynamitemovie.jp

スタッフ急募!

スタッフ急募!

現在、ミラクルヴォイスではパブリシティスタッフを募集しております!

皆様のご応募お待ちしております。

詳細はこちら→http://miraclevoice.co.jp/recruit

 

ぼくの名前はズッキーニ 公開決定!

ぼくの名前はズッキーニ 公開決定!

Rotten Tomatoes」驚異の満足度100%を記録!

世界中の映画賞を総なめにし、大人たちの心をわし掴みにした傑作がついに日本上陸!!

第89回アカデミー賞(R)長編アニメーション部門ノミネートをはじめ、アヌシー国際アニメーションフェスティバル2016では、最優秀作品賞、観客賞をW受賞。フランス最高峰の映画賞である第42回セザール賞では最優秀脚色賞、最優秀長編アニメーション賞を受賞など世界中の映画賞を総なめにする快挙をなしとげ、アニメーション界に旋風を巻き起こした本作。グザヴィエ・ドラン監督がInstagramで祝福するなど話題になり、東京アニメアワードフェスティバル2017では、上映されるやいなや日本公開を切望する声がSNS上を駆け巡り、ついに日本公開が決定しました!!

不慮の事故で母親を亡くした9歳の少年イカールは、母親がつけた“ズッキーニ”というニックネームを大切にしている。同じ年頃の子供が集まる孤児院に連れて行かれ、はじめは馴染めずにいるが、それぞれに複雑な事情を抱える仲間たちと過ごし次第に心を開いてゆく。子供たちが子供らしくたくましく生きていく姿と、それに寄り添う大人たちの何気ない毎日。子供たちにとって本当に大切なものが何かを、観るものの心に静かに訴えかける珠玉の物語です。

年月をかけて丁寧に制作されたアナログな人形たちがみせる、感情豊かなストップモーションアニメーション。近年主流のデジタルCGや3Dとは真逆の、懐かしくも驚きに満ちた、笑いと涙溢れる本作の邦題が『ぼくの名前はズッキーニ』に決定致しました。合わせてビジュアルも解禁となりましたので、是非ご覧頂けますと幸いです。

監督:クロード・バラ 脚本:セリーヌ・シアマ 原作:ジル・パリ「Autobiographie d’une courgette」原案:ジェルマーノ・ズッロ、クロード・バラ、モルガン・ナヴァロ 音楽:ソフィ・ハンガー

スイス・フランス/2016年/カラー/66分/ヴィスタサイズ/5.1ch/フランス語/原題:Ma vie de courgette/日本語字幕:寺尾次郎

配給:ビターズ・エンド、ミラクルヴォイス 宣伝:ミラクルヴォイス

(c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

2018年2月10日(土)より新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国ロードショー

山村浩二監督「怪物学抄」がレインダンス映画祭にノミネート!

山村浩二監督「怪物学抄」がレインダンス映画祭にノミネート!

山村浩二監督作品「怪物学抄」が、第25回レインダンス映画祭の短編アニメーション部門にノミネートされました!

「怪物学抄」は、東京・ユーロスペースにて現在開催中の特集上映『山村浩二 右目と左目でみる夢』を構成する1本。ヘンデルの音楽を背景に、ユーモラスな怪物たちの生態を描き出します。なお同特集でかけられる「サティの『パラード』」は第24回レインダンス映画祭に出品されました。

第25回レインダンス映画祭は、イギリス・ロンドンにて現地時間9月20日から10月1日まで開催です。

『ブレンダンとケルズの秘密』ユジク阿佐ヶ谷にて上映決定!

『ブレンダンとケルズの秘密』ユジク阿佐ヶ谷にて上映決定!

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』のトム・ムーア監督長編デビュー作!世界一美しい聖なる本「ケルズの書」を巡る、少年修道士ブレンダンの冒険ファンタジー

現在、YEBISU GARDEN CINEMAにて公開中の『ブレンダンとケルズの秘密』が8/12よりユジク阿佐ヶ谷にて公開となります。

さらに、”アイリッシュアニメーション特集”として昨年公開した『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』も合わせて上映いたします!是非とも、この機会にスクリーンにてお楽しみください。

詳細はコチラ→https://yujiku.wordpress.com/irish/

『山村浩二 右目と左目でみる夢』初日舞台挨拶決定!

『山村浩二 右目と左目でみる夢』初日舞台挨拶決定!

世界的アニメーション作家・山村浩二の短編作品全9本の饗宴 !前作『マイブリッジの糸』以来6年ぶりとなる、山村浩二最新作がついにロードショー!

つきましては、ユーロスペースにて8月5日(土)12:00の回上映前に山村浩二監督の初日舞台挨拶を行います。さらに、公開後も山村浩二監督による連日のトークショーを予定しております!

みなさま、是非こ参加下さいませ。

8月5日(土) 12:00の回上映前 初日舞台挨拶 ゲスト:山村浩二監督
8月11日(金) 18:30の回上映後 トークショウ ゲスト:山村浩二監督
8月12日(土) 18:30の回上映後 トークショウ ゲスト:山村浩二監督
8月18日(金) 18:30の回上映後 トークショウ ゲスト:山村浩二監督
8月19日(土) 18:30の回上映後 トークショウ ゲスト:山村浩二監督

詳細はコチラ→http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000195

『山村浩二 右目と左目でみる夢』山村浩二最新作がついに劇場ロードショー公開決定!!予告篇も解禁!

『山村浩二 右目と左目でみる夢』山村浩二最新作がついに劇場ロードショー公開決定!!予告篇も解禁!

2002年『頭山』が、第75回アカデミー賞®短編アニメーション部門ノミネートで注目を集め、昨年度からは映画芸術科学アカデミー会員となるなど、世界的に活躍するアニメーショ ン作家・山村浩二の最新短編集のロードショー公開が、この度決定致しました!

ヘンデルからエリック・サティ、古事記、俵屋宗達、ノーマン・マクラレンまで、時空とジャンルを横断する凝縮の映像体験

本上映作品9本の中から代表して『サティの「パラード」』『怪物学抄』の予告篇が解禁となりました!

映画『山村浩二 右目と左目でみる夢』は、上記2作品を含む全9作品(約54分)の短編アニメーションを一挙上映いたします。
8月5日(土)よりユーロスペースにてロードショー!

 

▼『サティの「パラード」』予告篇
https://www.youtube.com/watch?v=G8Ju7slNm0s&feature=youtu.be

▼“怪物学抄” 予告篇
https://www.youtube.com/watch?v=jiHDbxBWO5M&feature=youtu.be